日経BP社 ブックス&テキスト Online

「マイクロソフト関連書」「Autodesk公式トレーニングガイド」「MOS攻略問題集」「セミナーテキスト」「スクール標準教科書」などの各シリーズ、各種IT関連書籍をご案内するサイトです。
書籍訂正情報

『C#ショートコードプログラミング 第3版』

2018年11月27日更新

本書の内容に誤りがございました。次のとおり訂正してお使いください。
お手元の書籍の刷数は、奥付でご確認ください。

第1刷

訂正箇所 訂正内容
p3

(6+1)×1=6

13対6では6の勝ちです。つまり、前項のNEW CODEを以下のようにusing抜きで書き直すと、13-6=7文字を節約できます。

(6+1)×1=7

13対7では7の勝ちです。つまり、前項のNEW CODEを以下のようにusing抜きで書き直すと、13-7=6文字を節約できます。

P7

Console.WriteLine($"d,eの平均は{(d + e) / 3}");

Console.WriteLine($"d,eの平均は{(d + e) / 2}");

P7

実行結果

a,b,cの平均は2
d,eの平均は3

実行結果

a,b,cの平均は2
d,eの平均は4

p8

Console.WriteLine($"d,eの平均は{(d + e) / 3}");

Console.WriteLine($"d,eの平均は{(d + e) / 2}");

p19

変数aがnullならbの値を。変数bがnullならcの値を。変数cがnullならdの値を出力したい。

変数aがnullではないならaの値を。変数bがnullではないならbの値を。変数cがnullではないならcの値を。全てnullならdの値を出力したい。

p47、p48
(2箇所)

SapmleEnumrator

SampleEnumrator

以上、お詫びして訂正いたします。


訂正情報TOPへ